MENU
事前にチェックしておきたい!美容外科の面接でに質問&回答例について

美容外科の面接での質問&回答例について

 

美容外科で働きたい看護師のために、
面接でよくある質問とその回答例をまとめてみました。

 

 

美容外科の看護師の面接の回答例を教えてくれるコンサルタント

 

 

美容外科の内定率は50%を切ると言われていて、
2人に1人が不採用になってしまいます。
特に面接で「こんなことを聞かれると思ってなくて頭が真っ白になってしまった…」
という声もよく聞きます。

 

 

だからこそ美容外科への転職を考えている人は、
予想される質問に対する回答をなるべく準備しておくことが重要です。
そのためにも自分1人だけで転職活動をするのではなく、
転職のプロである転職サイトに相談をすることもオススメします!

 

おすすめの看護師転職サイトはこちら>>

 

 

 

美容外科でよくある質問について

 

なぜ美容外科に転職しようと思ったのか?

まず、どこのクリニックでも必ず聞かれるのが転職理由です。
この時に、前職の愚痴を言ってしまう人がいますが絶対にNGです!

 

回答例としては「前職でも看護師としてのやりがいは感じていたのですが、
元々美容クリニックへの興味があり、◯年間は病院で働いたら
美容クリニックに転職しようと元々決めていたのです。」などがベストです。

 

 

なぜ多くの美容外科のクリニックの中からうちのクリニックを受けようと思ったのか?

NGな回答例としては、「他の美容クリニックよりも給料が高いと聞いたので…」や
「駅から近くてとてもキレイなクリニックだったので」など条件を伝えてしまうことです。

 

それよりも「以前、私自身美容クリニックの施術を受けたことがあったのですが、
その時に看護師の方にとても親切に対応してもらったのですが、
それが貴院のクリニックだったことがあり、志望させて頂きました」
などのエピソードがあると良いかなと思います。

 

もしそのようなエピドートがなくても、HPをしっかりと読み込んだ上で、
クリニックの理念に対して共感したなどの理由がオススメです。

 

 

看護観について教えて下さい

看護観を聞かれると、頭が真っ白になってしまう人も多いかと思います。
常日頃意識をしているようで出来ていない部分ですよね。

 

美容クリニックにおけるベストな回答例としては、患者さんとのコミュニケーションに
絡めて看護観を伝えることをオススメします。
患者えを笑顔にすることや、患者さん一人ひとりに寄り添って不安をなくしたい、
などコミュニケーションを取って、患者さんにどんな風に感じて欲しいのか、
という点を大切に看護観の話をしていくと良いかなと思います。

 

 

自己PRを1分でお願いします

病院での面接では自己PRを求められることは少ないかもしれませんが、
美容クリニックの場合、面接の冒頭で自己PRを求められることがあります。

 

ここで気をつけておきたいのが、相手に簡潔に自分のアピールポイントを伝えることです。
中には上手くまとめることが出来なくて、ダラダラと話をしてしまい3分くらいになってしまい、
面接官の人から「もう大丈夫ですよ」なんて止められてしまうこともあります。

 

そうならないためにも、自己PRに関しては面接前に準備しておくことが大切です。
紙にまとめておき、何度か自己PRを話す練習をしておくことがベストです。

 

 

最後の質問はありますか?

面接の最後にこの質問をされるクリニックが多いかと思います。
質問はありますか?と聞かれた時に、一番良くない回答例として、
「特にありません」や「今のところ大丈夫です」と答えることです(´・_・`)

 

かといって「残業、給料、有給について」など条件面を細かく聞き過ぎるのも、
あなたの印象を下げてしまうことになるので要注意です!

 

一番ベストな回答例としては「もしご縁があって入職することになった場合、
事前に勉強しておいた方がいいことなどはありますか?」という質問です。
特に何もない場合でも、この質問をすることでやる気を見せることも出来ます。

 

 

 

模擬面接をするなら転職サイトがオススメ!

 

もしあなたが美容外科クリニックに転職を考えているのであれば、
何度か模擬面接をしておくことをオススメします。

 

 

例えば「こう聞かれたらこう答えよう」と思っていても、
いざ本番になると緊張して頭が真っ白になってしまいます( ゚д゚)

 

 

そこで看護師転職サイトに相談することで、求人の紹介はもちろんですが、
面接対策の一環として模擬面接もしてもらえるところが多いので、
内定率を上げるためにも相談をしてみましょう!

 

模擬面接をしてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

また面接対策をするにあたって、おすすめの看護師転職サイトもあります。

 

 

 

面接対策に強い看護師転職サイト

 

美容外科求人数NO.1「マイナビ看護師

 

 

 

美容外科の看護師求人が最も多い

マイナビ看護師では他の転職サイトに比べて
美容クリニックの求人が圧倒的に多いのが特徴です。

 

大手美容外科クリニックはもちろんですが、
個人で運営している美容クリニックや脱毛専門サロンなど、
様々な美容外科クリニックの求人を紹介してもらえます。

 

 

コンサルタントの対応が丁寧

マイナビ看護師では女性担当者の割合が多いということもあり、
親身になって相談に乗ってくれるので安心して相談出来ます。

 

転職サイトの中には無理やり面接を進められたりすることもあるようですが、
マイナビ看護師では強引に面接を進められるようなことは一切ないので安心です。

 

 

クリニックの内部情報に詳しい

マイナビ看護師では美容外科の紹介実績も多いので、
それぞれのクリニックの内部情報にもかなり詳しいです。

 

実際に働いていた看護師から口コミも聞いているので、
「◯◯クリニックは人間関係が良くないみたいで…」
など事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来ます。

 

 

マイナビ看護師で美容外科の求人を見てみる

 

 

24時間・365日電話対応が可能「看護のお仕事

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

24時間・365日対応してもらえる

看護のお仕事では転職サイトの中でも珍しく、
24時間、さらには土日祝でも電話相談が可能です。

 

また電話が厳しい場合、メールで求人情報を送ってもらえるので、
忙しい看護師さんにもピッタリの転職サイトですよ!

 

 

入職後のフォローが丁寧

看護のお仕事では転職先を紹介されて終了ではなく、
入職後も担当のコンサルタントからこまめに連絡をもらえます。

 

そのため入職してから何かあった時でも相談しやすいので、
顧客満足度が非常に高いと言われています。

 

 

看護のお仕事で美容外科の求人を見てみる

 

 

全国16支店展開「ナース人材バンク

 

ナース人材バンクの登録画面

 

 

業界NO.1の看護師紹介数の安心感

ナース人材バンクでは看護師紹介実績が転職サイトの中でNO.1と言われています。
美容外科求人に関してはマイナビ看護師には負けてしまいますが、
それでもマイナビ看護師にはない美容クリニックの求人も扱っているので、
登録しておいて損はない看護師転職サイトです。

 

 

入念な面接対策で内定率が高くなる

ナース人材バンクでは業界経験の長いベテランコンサルタントが多く、
それぞれのクリニックの面接傾向をしっかりとに把握しています。

 

面接対策においても細かくアドバイスをもらえるので、
面接での内定率もグッと高くなると言われています。

 

 

全国的に支店があるので地方にも強い

ナース人材バンクでは全国16支店の展開をしているため、
北海道から沖縄まで対応していないエリアはありません。

 

「他の転職サイトでは求人が見つからなかった」という人でも、
ナース人材バンクであれば求人が見つかるケースも多いです。

 

 

ナース人材バンクで美容外科の求人を見てみる

 

 

関連ページ

面接マナー
美容外科の看護師として働きたい人のために、面接で気をつけておきたいマナーについてまとめてみました。美容クリニックの面接は、病院とは違い「接遇面」をかなり重要視されています。そのため敬語、質問に対する回答などを気をつけるだけでも合格率は上がります!
服装・髪型のマナー
美容外科クリニックで働きたい看護師のために、面接における服装・髪型など身だしなみのマナーについてまとめてみました。髪の色は黒くした方がいい?スーツは黒じゃないとダメ?など気になることがたくさんあるのではないかと思います。美容外科で働きたい看護師は必見です!
面接必勝法
美容外科の看護師として働きたい人のために面接必勝法についてまとめてみました!美容クリニックの面接は採用ハードルが高いと言われていますが、実際にどのようなポイントを見られているのでしょうか?美容外科で働きたい看護師は必見です。
書類選考の必勝法
美容外科の看護師の面接には、まずは書類選考から…というところも多いです。そんな時の履歴書の書き方についてまとめてみました。書類選考の場合、履歴書1枚の印象で全てが決まってしまいます。だからこそ志望動機も力をいれなければいけません!
志望動機の書き方
美容外科で働きたい看護師の中には、履歴書の志望動機の蘭で手が止まってしまう人も多いのではないでしょうか?私は今、美容クリニックで働いていますが、美容クリニックへの転職活動の時に一番苦戦したのが志望動機でした。そんな志望動機の書き方をお伝えします!