MENU
求人広告はもう古い?美容外科の求人を探す上でのメリット・デメリット

求人広告はもう古い?美容外科の求人を探す上でのメリット・デメリットについて

 

美容外科で求人を探そうと思った場合、
ハローワークや転職サイトを利用したり
ホームページで直接探すなど様々な方法があるかと思います。

 

 

美容外科求人を探しているパソコン

 

 

今回は、求人広告を使って求人を探すケースについてまとめてみました。

 

 

まず求人広告といっても求人情報誌とネット広告に分かれます。
求人情報誌というとタウンワークやanを想像する人も多いかもしれませんが、
美容外科の求人が載っているケースはかなり稀です。

 

 

ただ稀に、新規オープンの美容クリニックがスタッフの募集を
しているケースがあるので、もしあなたが求人を探している時は、
街中で求人情報誌を見かけた時は無料なので取っておいてもいいかもしれません。

 

 

 

逆にネットの場合だと、とらばーゆには美容外科の求人が載っていることが多いです。

 

 

ネット広告の場合は気軽に色々な求人を見ることが出来るので、
空き時間なんかにちょっと求人を見ることも出来るので便利ですよね(*´−`*)

 

 

 

求人広告を利用するメリット

 

自分のペースで求人を見ることが出来る

求人広告を利用して求人を探そうと思った時の一番のメリットが、
全て自分のタイミングで動くことが出来るという点かと思います。

 

例えば転職サイトを利用した時のデメリットにもあげているのですが、
担当者などがついた時に担当者によっては、
転職のタイミングを急かされてしまうことがあります。

 

その点、求人広告ではいいなと思った求人があれば、
自分で直接クリニックとやりとりをすることになるのでマイペースに進められます。
その分、求人のタイミングを逃してしまうことも中にはありますが…(+_+)

 

 

広範囲の地域の求人を見れる

美容外科の求人の場合、駅チカのクリニックが多いので、
もし良い条件があるのであれば関東や関西なんかであれば、
県を跨いでも通える可能性がありますよね。

 

そんな時にネットの求人広告であれば、自分が住んでいる地域の求人以外でも、
検索すればスグに調べることが出来るので非常に便利です。

 

引っ越しをする場合でも、地域を絞って検索できるので、
気軽に色んな求人が探せるのはネットならではかなと思います。

 

応募してから採用までの流れが早い

求人広告を利用して求人を探す場合、気になる求人を見つけて、
自分で直接クリニックに問い合わせして応募することになります。

 

転職サイトやハローワークを通すと間に人が入っているので、
どうしてもタイムロスが発生してしまいます。

 

ただ、求人広告を見て自分で問いわせをした合場合には、
面接の日程調整や合否の連絡も早いケースが多いので、
早く転職先を決めたい!という人にはいいかもしれません。

 

 

 

求人広告を利用するデメリット

 

ブラックな求人も含まれてることも

美容クリニックが求人広告を出すためには広告費用を払っています。
求人広告の会社としても求人を載せたいといって
広告料を支払ってくれるクリニックを載せないことも出来ません。

 

そのため、中には求人広告を見て応募したクリニックが
ブラック企業だった…なんてこともあります。

 

ブラック企業を見抜くポイントとしては、常に求人が出ていないか
と確認しておくことです。「このクリックよく求人を見かけるな…」
という場合は、離職率の高い職場の可能性が高いです。

 

 

募集要項だけではミスマッチになってしまう

求人広告を見て応募する場合、どうしても募集要項だけの確認になってしまいます。
仮に求人広告に「人間関係もアットホームです」なんて書かれていても、
入ってみるまでは分からないことも多いですよね。

 

転職サイトであれば、その辺りもコンサルタントに聞くことが出来ますが、
求人広告では自分で判断しなければいけなくなってしまいます。

 

 

 

求人広告以外も活用しよう

 

実際に求人広告を利用して転職をする場合には、
非常に便利である反面、慎重に求人を選ぶことも重要です。

 

 

求人広告を利用して転職する時のポイントを教える看護師

 

 

私は求人広告の中でのブラック企業を見抜く力がないので(汗)、
転職サイトのお世話になりました。

 

 

ただ中には求人広告にしか載ってないような求人もあるので、
気軽に見れるネット求人は常にチェックしておくと良いかもしれません(`・ω・´)ゞ

 

 

看護師転職サイトで美容外科求人を探してみる