MENU
形成外科クリニックで働く看護師の仕事内容とメリット・デメリット!

形成外科クリニックは美容クリニックと近い?!

 

形成外科クリニックはまだ聞き慣れない人も多いかと思いますが、
実際には美容クリニックと似ている点も多くあると言われています。

 

 

最近では形成外科クリニックの需要も増えてきているので、
もし美容クリニックに興味がある人は同時にチェックしておきましょう(`・ω・´)ゞ

 

 

 

そもそも形成外科クリニックとは?

 

形成外科クリニックとは「皮膚の外科」と言われ、皮膚にできた腫瘍の手術や処置、
ケガや傷跡の見た目をきれいに整えるための手術をする科です。

 

 

 

 

基本的には手術や処置が主な仕事になり、
中には良性か悪性かを判別するための皮膚生検をすることもありますし、
火傷やケロイドの治療をすることも多いです。

 

 

形成外科クリニックは美容クリニックとは違い、
保険が効く手術や処置が多いことが特徴です。
しかし最近では、美容皮膚科や美容クリニックとそれほど変わらない
自費の手術や処置も積極的に行うところがとても増えています。

 

 

 

形成外科クリニックの仕事内容

 

主に保険が効く手術や処置が多く、皮膚に出来る腫瘍の手術や処置、
ホクロ取りや手術の跡に出来たケロイドの処置などの、
手術の跡の見た目をきれいに整えるための手術をすることが多いです。
ややこしいですね…(+_+)笑

 

 

その他、火傷で来院する患者さんもとても多く、
主に皮膚科からの紹介状を持って来院する患者さんの手術や処置をするため、
ある程度の看護師のスキルが必要となるため、とてもやりがいのある科でもあります。

 

 

形成外科クリニックにやりがいを感じる看護師

 

 

保険が効く手術や処置以外でも自費での手術や処置も多く、
例えば「二重まぶたの手術」はとても多いですし、
クリニックによっては、皮膚のたるみの手術(リフトアップ)をするところもあります。

 

 

それ以外にも脱毛も行いますし、美容マシンやレーザーを使ってシミをとる治療もよく行います。
ヒアルロン酸注入・ボトックスの注射や美肌になるための点滴・ダイエット点滴なども行います。
看護師は手術の介助が主な仕事になりますが、医師が行う自費の治療の介助も重要な仕事になります。

 

 

 

形成外科クリニックで働くメリット

 

形成外科クリニックは保険が効く手術や処置が多いため、
美容クリニックのように売り上げノルマがないところが多く、
売り上げが少ないと詰められることがない(少ない)です。

 

 

そのため美容クリニックではよくある「クレーム対応」が、ほとんど無いのも特徴です。
保険が効く手術や処置と自費の手術や処置の割合が、
半分半分のところが多いことが理由と言われています。
その反面クリニックによっては、売り上げノルマとは違う
報奨金がもらえるところもあるので嬉しいですね(*´ω`*)

 

 

形成外科クリニックは保険が効く手術や処置が多いため、
看護師のスキルが下がりずらいことも特徴です。

 

 

最先端の保険適用の手術や処置を行いますので、
看護師のスキルを保ち続けることが可能になります。

 

 

また採用のハードルも美容クリニックより低いところが多いです。
全てを自費で行う美容クリニックとは少し異なり、保険が効く手術や処置、
最先端の保険適用の治療等を行う形成外科クリニックは、
即戦力の看護師を採用する傾向がありますので、
看護師獲得のために採用のハードルを美容クリニックより低く設定しているようですので、
美容クリニックとあまり変わらない仕事内容の形成外科クリニックはチャンスです!

 

 

 

形成外科クリニックで働くデメリット

 

形成外科クリニックは、保険が効く手術や処置と自費で行う手術や
処置が半分半分のところが多いですので、全てを自費で行う美容クリニックよりも、
給料が比較的低い傾向にあります。

 

 

給料が低いことに不満を持つ看護師

 

 

そのため、もし給料が高いところを希望されているのであれば、
全てを自費で行う形成外科クリニックもありますので、
そちらを探してみるというのも良いかもしれません。

 

 

形成外科クリニックも基本的には完全予約制での診療をしているところが多いのですが、
突発的な火傷や皮膚の深い傷で患者さんが来院することもありますので、
残業も少なくありません。極端に帰宅が遅くなることは稀ですが、
たまにはそのようなこともあるかと思います。

 

 

形成外科クリニックは、美容クリニックと違い個人で経営しているところが多いので、
どうしても駅近くにあるとは限りません。

 

 

もともと違う診療科目(内科や外科など)であった医院のあとに
形成外科クリニックとして改装して開業する場合もあるので、
立地条件を重要視されるのであれば、色々調べてみるのもおすすめです。

 

 

 

最後に

 

形成外科クリニックも最近では、美容クリニックに近い内容の手術も行っているところか
増えてきていますので、選択肢のひとつとして考えてみても良いかもしれません。

 

 

美容クリニックへ転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです

 

 

関連ページ

産休育休は取りやすい?
美容外科クリニックで働く看護師は、産休育休が取りやすいというのは本当でしょうか?病院で勤務している場合、人手不足だから産休が思うように取れないという職場環境の人も多いのではないでしょうか?実際に美容外科で働く現役看護師が産休・育休についてまとめてみました!
メリット・デメリット
美容外科で働きたいという看護師は非常に多いのではないでしょうか?ただ実際に美容クリニックに転職した看護師の3人に1人が早期退職になってしまうという現実もあります。そこで美容クリニックで働く看護師のメリットとデメリットについてまとめてみました。
ママさんナースは働きにくい?
子育てをしているママさんナースにとって美容外科クリニックは働きやすい職場なのでしょうか?夜勤もなく日勤のみで働けるので一見働きやすい職場にも見えますが、実際のところどうなのか?現役看護師が内部事情についてお伝えします!
求められるスキル
美容外科クリニックで働く看護師にとって必要なスキルはどんなものがあるでしょうか?点滴や注射は最低限のスキルとして必要と言われていますが、それ以外に求められるモノについてまとめてみました。美容外科クリニックで働きたい看護師は必見です!
ネイルはOK?NG?
美容外科クリニックで働きたい看護師の中には、美容への意識が高い人も多いかと思います。そこでネイルは仕事上OKなのかについて気になる人もいるのではないでしょうか?病院では絶対厳禁のネイルですが、美容外科クリニックででの規定についてまとめてみました!
髪色は明るくてOK?!
美容外科クリニックで働く看護師は、明るい髪色はOKなのでしょうか?病院よりも身だしなみのマナーやルールは厳しくないイメージのある美容外科ですが、実際のところはどうなのでしょうか?美容クリニックで働く現役看護師がホントのところをお伝えします(`・ω・´)ゞ
給料が高い理由について
美容外科クリニックの看護師の給料は非常に高いというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?実際に月給40万円、50万円ともらっている人がいますが、なぜそれほど給料が高いのでしょうか?美容外科で働く現役看護師が徹底解説しちゃいます!
美容皮膚科よりも美容外科の方が給料が高い?
美容外科と美容皮膚科ではどんな違いがあるのでしょうか?看護師の仕事内容はもちろんですが、給料などの待遇面にも違いが出てきます。そんな美容外科と美容皮膚科の給料はどれくらい違いがあるのが、現役看護師ミチがまとめてみました!
1日の流れ
美容外科クリニックで働く看護師の1日の流れについてご紹介します。朝10時の出勤から19時の退勤まで、どのような仕事内容をこなしているのでしょうか?これまで病院の勤務経験しかないけど、美容外科クリニックで働きたいという看護師は必見です!
美容外科の看護師は雑用が多い?
美容外科クリニックの看護師として働きたい人は多いかと思いますが、実は美容外科の仕事内容の中に雑用が多いクリニックもあるのです。受付業務、電話予約、シーツのアイロン、広告の作成など…そんな雑用が多いクリニックの特徴をまとめてみました!